ヒルトン・タイムシェア売却までの道のり《第2章》

当ブログは私たち夫婦がヒルトン・タイムシェアをローンで購入し、月々の返済、管理費・年会費の支払が大変になってきたので売却する事に決め、実際売却が完了するまでに取り組んで来たことをまとめたものです。
ヒルトン・タイムシェア売却をお考えの方に参考にして頂ければ幸いです!

第2章はヒルトン・タイムシェア売却の為の具体的な取り組みから手放す事が成功するまでをまとめました。

第1章はこちら↓↓↓


ヒルトン・タイムシェア売却活動

2017年7月29日
ヒルトン・タイムシェアのローンが完済したので、改めてヒルトングランドバケーションズクラブ(HGVC)にタイムシェアを売却したいと問い合わせました。
担当者より売却(転売)の手続きについてメールで案内されました。

メールには「転売関連資料」、「日本語不動産仲介業者相談用 リクエストフォーム」が添付されていました。

添付ファイルはGoogle drive PDFから閲覧できるようにしました。興味がある方はこちらもご覧下さい。
<添付の資料を参考に転売の流れを簡単に説明すると・・・>
① 購入希望者を探す=売出し
② 購入希望者が見つかる
③ 売買契約
④ 名義変更
⑤ 代金受取

①の売出し方法は3パターン
1)個人で購入希望者を探す、2)外部仲介業者を介す、3)リセール部門を介す
私たちは2)の外部仲介業者を介して購入希望者を探すことにしました。
日本語対応可能なハワイの不動産仲介業者を紹介してもらえるとの事で助かりました。
添付の「日本語不動産仲介業者相談用 リクエストフォーム」に必要事項を記入し、必要書類と一緒にメールで返送しました。
ここまではヒルトングランドバケーションズクラブ(HGVC)とのやり取りです。
ヒルトン紹介の仲介業者との相談には費用がかからないとの事で安心しました。(売買に係る手数料は別です。)
住宅ローンも見直してみてはいかがでしょうか?

ハワイの不動産仲介業者に転売を依頼

2017年8月2日
さっそく、ヒルトングランドバケーションズクラブ経由でリクエストした内容を元に2つの業者からメールで連絡がありました。


両者のホームページを確認し、掲載されている物件数、お客様の声等も参考にし、㈱タイムシェアハワイに依頼することにしました。

最初に連絡をくれたのが㈱タイムシェアハワイだったので、きっとスピーディーに対応してくれると思いました。
2017年8月3日
㈱タイムシェアハワイから届いたメールに添付されていた「リスティング(売出し)お申込書(Google drive PDF)」に必要事項を記入しメールで返送しました。
その日の内に売出し物件としてホームページに掲載されました。
T2084が私たちの物件です。

思った通り、対応が早くて素晴らしい!買い手も早く見つかると良いけど・・・

ヒルトン・タイムシェア売り出し

2017年8月3日
$12,000(約130万円)で売出しました。

本当はもう少し高く売り出したかったんだけど・・・
タイムシェアハワイから1~2ヶ月反応がなければ価格修正した方が良いって言われた・・・とりあえず様子を見よう。
2017年10月5日
2ヶ月経っても反応がなかったので、タイムシェアハワイからのアドバイス通り価格修正をメールで依頼しました。
$12,000→$11,000(約120万円)

<タイムシェアハワイからのアドバイス>
購入希望者が予約可能になるのに、購入から5ヶ月ほどかかります。12月くらいまでが偶数年の販売チャンスとなりますので、反応があるまで価格修正は随時行って頂ければと思います。毎年利用の相場が$16,000ほどですので、その半額くらいが平均相場かと予想します。(担当者のメール本文より)
タイムシェアハワイは対応が早いだけではなく、毎回アドバイスをしてくれるので、とても頼りになると思いました。
相変わらず反応がないまま10月下旬となり・・・
何とか年内に決着つけたいな・・・なるべく来年度の管理費を払わずに済ませたい。
それなら思い切ってタイムシェアハワイのアドバイスに従って、$8,000に価格修正しよう!
2017年10月25日
$11,000→$8,000(約90万円)に価格修正をメールで依頼しました。
年内に売却したい旨も伝えると、ハワイの新聞広告にも掲載してくれると返信がありました。
ハワイのガイドブックは「るるぶ」がオススメ!

これでヒルトン・タイムシェアを手放せる!

2017年11月23日
タイムシェアハワイから「ヒルトングランドバケーションズクラブ(HGVC)契約取消による返却手続きのご案内」と言うメールが届く。
<メールの内容を要約すると・・・>
今回、特例で開発会社であるヒルトンが私たちの所有物件を「契約取消による返却手続き」を適用し、$9,785.66で引き取ってくれるとの事。
「契約取消による返却手続き」を希望する場合は、添付書類(下記)に必要事項を記入し申し込んで下さいとの事です。
タイムシェアをヒルトンに返品するみたいな感じ?!返金金額はヒルトンの提示価格$9,785.66で!
返金金額$9,785.66なら最終売り出し価格の$8,000を上回っている!
「契約取消による返却手続き」をしないなんてあり得ない!さっそく申し込もう!
しかも、売却ではないので税金は掛からないんだって!まさに願ったり叶ったりだね!!
<重要事項確認の要約>

  • 限定手続きの為、申込み期限(2017年11月26日)までに連絡しない場合は手続き辞退と見なされる。
  • 手続きする場合は、2018年1月1日期日の管理費・クラブ年会費は支払わない事。
※アナリストの分析により、今回開発業者ヒルトンが提示する返金金額、条件の変更交渉は不可との事。
希望通り、来年度の管理費を支払わなくて済んで本当に良かった!年内に決着がついた!!
2017年11月24日
添付書類に必要事項を記入し、タイムシェアハワイにメールで送信しました。
するとすぐにタイムシェアハワイより返信がありました。
「手続きの流れのご案内」と言う書類も添付(下記)されていました。
添付書類:契約取消による返却手続きの流れ(Google drive Word)

<この後の流れの要約>

  • 申請日11月24日から3~5ヵ月後に手続書類が届くとの事。(書類作成作業に時間を要するとの事。)
  • 手続書類返送後、4~6ヶ月後に米国のヒルトングランドバケーションズクラブ(HGVC)から返金額が送金されるとの事。(日本の指定銀行口座に日本円に換算して振り込まれるとの事)
後は手続書類を待つだけだね!(3~5ヵ月後に米国からFedExで発送されるとの事です。)


やっと手続書類が届く

2018年5月6日
待ちに待った手続書類が米国のヒルトングランドバケーションズクラブ(HGVC)よりFedExで届きました。
結局11月末から5ヶ月以上待ちました。なかなか届かないので本当に届くのか不安になりました。
<届いた書類>

  • 送付案内(日本語)
  • 印鑑証明書(および戸籍謄本)取得のお願い(日本語)
  • よくあるご質問印鑑証明書(日本語)
  • 返信用封筒
  • 手続き書類(下記1〜5)
No. 書類名
合意書(MUTUAL RELEASE AND SETTLEMENT AGREEMENT)
瑕疵担保証書(WARRANTY DEED)
委任状(WARRANTY DEED 代理交渉手続き用)メンバー人数分
振込先指定フォーム
譲渡印税証書(CONVENYANCE TAX CERTIFICATE)ハワイ州のみ
上記1〜5の書類に署名・記入する。
1〜5の書類それぞれに記入例(日本語)が同封されていたので戸惑わずに記入できました。
4の振込先指定フォームに銀行のスイフトコード記入欄がありますが、銀行のホームページに掲載されていました。
不備なく書類を仕上げ、印鑑登録証明書(3ヵ月以内)を同封し返送しました。
さらに返金まで4~6ヶ月かかるから、手続き書類はすぐ返送しよう!
返送先はヒルトングランドバケーションズクラブ東京オフィスなんだね。

ヒルトングランドバケーションズクラブより返金額の送金

2018年9月5日
振込を指定した銀行から電話が掛かって来ました。
米国のヒルトングランドバケーションズクラブより$9,785.66の振込み依頼が来ていますが、経緯を確認させて下さい。
ヒルトン・タイムシェアの契約取消による返金です。
お客様に$9,785.66が返金されることがわかる書類をFAXして下さい。こちらで確認次第、口座に日本円で振り込みます。
2018年9月6日
$9,785.66が返金される予定と記載されたメールと関連書類を銀行にFAXしました。
送信した書類で大丈夫か電話にて問い合わせたところ、問題ないとの事でさっそく振込み手続きをしますとの事でした。

2018年9月7日
返金金額$9,785.66が日本円で入金されました。(2,500円の手数料が引かれていました。)
これでやっとヒルトン・タイムシェアを手放す事が出来ました!!今回入金されたお金はローン借り換え先の返済に充当しました。

第2章のまとめ

ヒルトン・タイムシェアのローンを完済後、ヒルトングランドバケーションズクラブからハワイの日本語対応可能な不動産仲介業者を紹介してもらい所有していた物件を売り出しました。
反応を見ながら値下げを繰り返しましたが、3ヵ月経過しても動きがありませんでした。
ところが4ヶ月目に入ってから急展開!特例で「契約取消による返却手続き」が適用され、手放す事に成功しました。
米国との書類のやりとりにかなり時間が掛かり、返金されるまで約1年待ちましたが何とかヒルトン・タイムシェアから解放されました。
購入する時は簡単だったけど、手放すまでは苦労したね。特例が適用となって本当にラッキーだった!
ローンを組んでまで購入するものではないと身に染みて思いました。次からこういうモノは余裕がある時に購入しようね!
勉強代は高く付いたけど、楽しい思いもしたから結果オーライだね!
第1章に引き続き、最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました!
【合わせて読んで欲しい☆おすすめ記事】

10 件のコメント :

  1. 非常に興味深く拝見致しました。私共も同じようにヒルトンのタイムシェアを購入しましたが、近年、年々上昇する管理費が負担となり売却を考えています。とても参考になりました。売却するのはとても大変だという噂ばかり聞いていたので、不安ばかり募っていましたが、具体的なお話が聞けて希望が見えました。ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. ご覧いただき、ありがとうございます。
      私たちが売却を検討した際、具体的な情報が少なく不安な思いをしました。
      その為、このような記事を投稿しました。
      同じ境遇の方に、少しでもお役に立てて嬉しいです。

      削除
  2. エクスぺリコさま
    初めまして。大変参考になるお話し、助かります。
    現在ホノルルに滞在中の私たちも子供がいないので
    管理料を支払い出来て、HGVCを利用できる身内がいなければ
    いずれは手放すしか方策がありません。
    お話し、とても詳細に載せていただき感謝しています。
    ありがとう(^^)/

    返信削除
    返信
    1. astro様
      初めまして。ご覧頂きありがとうございます。
      HGVCを手放そうと思った当時、情報があまりにも少なかったので不安でした。
      なんとか手放すことが出来たので、自分が体験した事をこのような記事にまとめ発信する事にしました。
      参考になったと言うコメントはとてもありがたいです。

      削除
  3. エクスペリコ様
    とても役に立つ情報です、まったく同じ状況です、今日全額支払いました、売却の希望を伝えて、売却のメール待ちです、いきなりヒルトンに買い取ってもらうことはできないでのしょうか?

    返信削除
    返信
    1. ご覧頂き、コメントまでありがとうございます。
      ご質問頂いたように、すぐにでもヒルトンに買い取ってもらいたかったです。
      ブログ記事と重複しますが、8月上旬にリセール業者(タイムシェアハワイ)のホームページに掲載してから何の動きもなく、11月下旬に特例によりヒルトンが買い取るとの連絡がありました。(これも運が良かったのだと思います。)
      なかなか動きがなかったので、リセール業者にどんどん値下げを依頼したのが功を奏したのか?とも思ったりします。(こればっかりは何が正解だったかは何とも言えませんが・・・)
      同じ境遇だったので一刻も早く手放したいという気持ちがよくわかります。
      早く売却先が決まり諸手続きもスムーズに進むことを祈っています。

      削除
    2. エクスペリコ様
      ありがとうございます売却のメール来ました。
      やはり外部仲介業者にした方が良いかなぁー〜〜と迷っています、儲けようなんて思わないですねとにかく早く手放したいです。

      削除
    3. 返信ありがとうございます。
      儲けよりも手放すことが先決だと私も思います。
      管理費を支払う前に決着がつくと良いですね。

      削除
    4. 私も160万でタイムシェアを購入して、多忙でバケーションにいくことも出来ず、管理費だけを払い続けています。売却を検討しているのでとてもためになりました。ありがとうございます。

      最初の購買価格の何割程度で返却することができたのでしょうか?参考までに教えていただけるとありがたいです。

      削除
    5. 記事をご覧になり、お役に立てたとのコメント、ありがとうございます。

      ご質問の「何割程度で返却?」についてですが、
      約4割弱です。

      せめて半額は戻ってきて欲しかったのですが・・・
      それでも今思えば、早めに手を打っておいて本当に良かったと思っています。

      削除